PRPはplatelet, rich plasmaの略です。
つまり血小板を多く含んだ血漿という意味です。
自分の血液を使用して肌の若返りを図るという新しい治療です。
副作用もなく安心して受けられる治療です。
血液の中に含まれています血小板(けっしょうばん)と
呼ばれる成分を利用します。
血小板は人間の体の中で、血を止めたり、
壊れた血管や細胞を治す働きをしています。
血小板の中には成長因子(せいちょういんし)と呼ばれる、
体の細胞を元気にして若返えらせる成分が含まれていまして、PRPではこれを直接利用します。
血小板が固まるときに出る成長因子が、直接弱った細胞の表面にくっついて刺激を与えます。
そうすると弱った細胞がまるで、馬にムチで刺激を与えると一生懸命走るように、元気になり若返ります。
これを利用して顔の皮膚のシワ、たるみを改善して若返りを図るのがPRP 療法です。
ヒアルロン酸やコラーゲンと違って、すぐには効果は出ません。
通常は2 週間から2 ヵ月をかけて徐々に状態が改善していきます。
自分の細胞を元気にして若返りを図りますので、細胞が活性化されるまでの時間が必要になります。
このために、時間が少しかかります。ただ、仕上がりは、ヒアルロン酸などと異なり、自然な感じになります。
個人差がございますが、一般的には効果は6ヵ月~2年程度は続きます。
当院のレーザー治療と併用することで、ベストの状態を長く維持できます。
院長にご相談ください。
ご自身の血液ですので、特に問題はございません。
基本的には2 ヵ月以上空けていただければ、問題ございません。
もちろん行うことができます。
基本的に血小板の働きが正常であれば、それほど大きな差はないと考えています。
ただし糖尿病やステロイドを長期内服されている方は効果が悪くなります。
妊娠中や悪性腫瘍の治療を行っている方、膠原病などの患者様には原則として施術できません。
歯医者や形成外科で使われてからは、10 年以上が経過しています。
ただ、皮膚の若返りへ応用は、数年程度です。
アレルギーなど問題になった症例は全くございません。
日本の厚生労働省の認定にあたる、
ヨーロッパでのCEマークを取得しておりますので、安全性は十分です。
妊婦の方、小児、心臓病、脳梗塞の既往のあるかた。肝臓の悪い方など、現在治療を要する方は
治療を控えさせていただいております。ただし、状態によっては治療が可能になる場合がございますので、
一度医師の診察を受けていただければ詳しいお話ができると思います。
血液が固まりにくくなるようなお薬を内服されている方はこの治療ができません。
ただ、一時的に中止していただくことによって、治療は可能になりますが、
ご自身で中止することは厳禁です。必ず、主治医に相談の上、内服を中止するようにしてください。
通常は皆様がされています血液検査と同じで、
肘の静脈から採血をさせていただきます。
目の下のシワの改善と法令線の改善ですと、
20CC 程度の採血をするだけで大丈夫です。
特に副作用はありませんが、血液検査の時と同じで、
人によっては少し内出血が出る場合があります。
通常の治療ですと、カウンセリング、経過のための写真撮影、採血、注射液の準備、
実際の注射、休憩を含めまして、1時間あまり見ていただければ結構です。
特殊な冷却装置で皮膚を冷却しながら、33ゲージもしくは30ゲージという
特別細い針で注射を行いますので、注射による少しの痛み程度でご心配要りません。
注射で血小板の成分を補充していきますので、
終わった直後は蕁麻疹のときのようにボワッとした腫れがございます。
通常、次の日にはかなり改善します(他人に分からない程度まで)が、
完全に引くのは2日~3日後です。
個人差がございますが、直後に赤みは少し多めに出ています。
しかし、これは通常1時間~2時間でほとんど引いてしまいますので、全く問題ありません。
個人差がございますので、はっきりとしたことは申し上げられませんが、
強く出ることは少なく、出ても通常は5 日~7 日程度で引いてしまいます。
少し顔の表情を作るときにごわつき感がありますが、これも2日~3日で取れてしまいます。
基本的には日常生活の制限はございません。
洗顔も入浴も当日可能ですが、当日の飲酒はお控えください。
治療日以外は特に問題ございません。
(水泳やその他の運動は問題ありません。サウナも当日でなければ問題ありません)
施術の当日からしていただいても結構です。
通院は不要です。

PAGE TOP